第1回名古屋OFF
レポート作成:神一さん

日時
1998年5月3日
幹事
神一さん、しんじさん
参加者
神一さん、しんじさん、AKIRAさん、シロンさん、芽衣さん、
長月さん、沙理さん
電話参加者
みさきさん、アニスさん、もぐ嬢さん、たこやきさん、エイジさん
内容
1998年05月03日(日曜)

その日は、雨だった。

今回、猪鹿亭初の中部地方でのOFFに参加するメンバーの内、 5人は関西(大阪、京都、滋賀)からの参加である。

車を一台レンタルし2日の夜に京都を出発、当日の朝5時に名古屋入りした。

OFFの開催時刻は、昼の1時。あと8時間もある・・・・・。
とりあえず、「ぎゃらくしぃ〜那古野」と名づけられたその車を路上に駐車し、 10時ごろまで仮眠を取ることになった・・・・・。

いくら人通りのすくない路上に止めたとはいえ、日が高くなるに連れ、 過ぎ行く人たちの人数は増えていく・・・・・。
気の小さい(まじに)おいらは、眠れなかった・・・・。寝ようと思い、目を閉じても 人目が気になり5分もしない内に目が覚める・・・。
外に散歩に行こうと思っても、車の外は雨・・・・・。
他の四人は、静かな(?)寝息を立てている。うらやましい・・・・・。

いくら、暇慣れ(?)しているとはいえ、何もせずボーっとしてるのは 辛かった・・・・・・。時間の経つのがいつもよりも長く感じられる4時間だった・・。

そして、10時・・・・・・。
とりあえず、駐車場探しと、名古屋観光を兼ね、「ぎゃらくしぃ〜那古野」を出発させた。

一時間くらい、雨の名古屋市内を走った。
途中、名古屋城を見に行こうと試みたが、車での進入が出来ない為に諦めた。

午前11時。車を、JP名古屋駅の駐車場に止め(これが、また、高いの^^;) 顔を洗い、少し遅い朝食を摂ることにした。
・・・・・パンの食べ放題ドリンク付・・・・・・・そう書かれた喫茶店へ入り 5人でワシワシ食事を摂る。・・・・・・しかし、パンよりも、ゆで卵のほうが 美味しく、テーブルの上は、卵の殻で覆い尽くされた・・・・(87%拡張表現)

さて、お腹も膨れ、調子(なんの?)もでてきた、一行は集合場所の 「ななちゃん人形」前をさがした。

「ななちゃん人形」とは、名古屋では、よく待ち合せ場所として使われるらしく (「ハチ公前」と同じだと考え下さい。) 「ななちゃん」とよばれる巨大な人形が仁王立ちしている。

土地感のない、5人はとりあえず、人に聞きながら行こうとしたが、 誰も知らなかった・・・・おいおい^^;

まぁ、犬も歩けばなんとやら、歩いていると何度が名古屋に遊びに来てた 沙理が「ななちゃん人形らしいもの」を思い出したということで、沙理に付いていくことに。
すると、遠くの方にハッピを纏った巨大なマネキンがたっているじゃあぁ〜りませんか。

これが、「ななちゃん」なのか!一同唖然とし、上を見上げる・・・・一応、女の子らしい^^;

GWということもあり、凄い人で賑わっていた。
時間は11時30分まだ、集合時間には間がある。・・・・とりあえず、当たりをうろつき、 OFFで遊ぶ場所とかを探すことにした。

しばらく探してみると、1F〜5Fくらいまでがゲーセン、6Fくらいがビリヤード場、 7,8Fがカラオケになっていビルを発見し、そこで時間をつぶすことにする。
しんじ。AKIRAはビリヤード、神一、シロン、沙理を二人のプレーを見ていた。

12時近くなり、芽衣と長月が早く来るかもしれないと思ったおいらはシロンを 無理矢理連れて集合場所へと戻る。

12:30過ぎ、しんじ達も集合場所へ戻ってきた。
13:00前・・・いまだに、それらしい二人を発見することができない。

「あれちゃうか?」とか「あの二人とちゃう?」などと話し、時には、わざとらしく、二人の名前を 会話の中で強調したりして、われわれの存在をアピールしていた。

すると、「すみません、みすずの方ですか?」という声とともに芽衣が登場。
芽衣が現れたかと思うと、すぐあとに、長月参上。

二人いわく、遠目で見てもあやしい集団だったんですぐ気が付いたそうだ。(どんなんやねん!)
しかし、みすずのメンバーだと決定付けたのは、しんじだということは、言うまでもなかろう。(謎)

そのしんじ、いささか、不機嫌である。
どうやら、芽衣の服装に不満があるらしい。
実は、当日の服装を前の晩にメールしてもらっていたのだが、そのとき芽衣のメールには 「ミニスカート」と書かれていた。
メールを見た瞬間のしんじの喜びようはまるで、 味っ子のカツ丼をたべた味王のごとき喜びかただだった・・・・・・・・。

だぁーがしかし、。実際の芽衣の服装はロングのスカート・・・・・・・・・・・・。
芽衣いわく、「ちゃんとメールに、寒かったら、ロングって書いてたよぉー」 後日、家に帰ってメールをみたら、ほんまにそう書いてあった・・・・・^^;

ほんまにがっくり来たんでしょう・・・しんじは
はぐれメタルと遭遇し、会心の一撃を食らわすも、回避され、なお且つ 逃げられた、あとレベルが2つ上がれば賢者に転職できる遊び人をもったパーティーの 魔法使いのおじいさんが、「ほっ」としているのを見てしまった はやく、魔法使いをルイーダの酒場に送り返したい勇者(28歳)のように落ち込んでいた・・・・・。

(まぁ、なんとなくわかるでしょ?上の表現で?^^;;)
それはさておき、ようやく、メンバーが揃い、さて、まずは、自己紹介を兼ね、昼食へ向かうことに。

駅ビル(たぶん)内の食堂街をさんざんあるき、結局、そばやで食事を取ることにした。
みな、食べながら、楽しいお喋りをし、 芽衣、長月の両名も、すぐに、関西のノリに馴染んだようだった。

食事の最中に神一の携帯がなる。
みさきと、アニスと、もぐ嬢である。今回の名古屋OFFTEL参加の人たちである。
神一の携帯を通じ、OFF参加者達としばしのお話をする。
みさき・・・PHA代怖いよなぁ・・・・・・

さて、時間はというと、すでに3時近くなっていた。
一行は、カラオケ屋に行くことに。場所は午前中時間をつぶしていたあのビル。
値段もやすく、部屋も綺麗。久々に、ヒット!って感じのカラオケ屋さんである。
どのくらいヒットかと言うと、銀英伝に例えるなら!・・・・・・・・やめとこ。

まず、先手を切って唄うのはやはり、この人。
みなさまの期待を裏切りません、AKIRA!
お得意のナンバーを唄い、場を一気に盛り上げる!

その間、シロンは、しんじとともにカクテルを買いに・・・・・・・・(お約束、お約束^^)

次はしんじが、これまた、みっちぃーばり(?)のすんばらしぃー歌声を披露する。

その間にシロンは、一本空ける・・・・・・・。(酔いどれ度数10%)

次に、神一もまけじと唄う。

その間にシロンは、また、一本空ける・・・・・。(酔いどれ度数25%)

で、沙理も女の子らしい(?)、歌を歌い上げる。

その間にシロンはまたまた、一本空ける・・・・・・・。(酔いどれ度数42%)

芽衣と長月は、はじめて、関西メンバーのカラオケを目にし、びっくりしている。
まぁ。みんな、最初はびっくりするよ・・・あの異様な ノリじゃぁーね。

さて、カラオケも後半戦に突入。
良く考えたら、神一、しんじ、AKIRA、沙理しか、唄ってない・・・・

そこで、まず、長月に唄ってもらう^^

次に、芽衣を歌わそうとするが、拒否・・・・・・^^;

じゃ、半分酔っ払いと化した、ビジュアル系もどきのシロンに一曲・・・

歌は、「激!帝国華劇団!」・・・・・う〜ん。ビジュアル系だね・・・・・

しかし、みんな、そろそろ、喉がやばくなるころ・・・・・・。

歌もおとなし曲にとなりつつある・・・・・・しかし。
AKIRAは違った。メンバー中、最大の音量を出すこの男。
どのくらい、音量が凄いかというと、ここのカラオケルーム、 歌を「音程、リズム、音量」の3つのポイントをだし、点数を付けてくれるのだが、 AKIRAは他のメンバーとくらべると、「音量」のポイントがめちゃくちゃ高い。
AKIRAの音量だけで、他のメンバーの歌は負けてしまっている。
というくらい、凄いのである。まぁ・・・一緒にカラオケ行った人はしってるよね?^^

AKIRAは結局、カラオケが終わるまで叫びつづけた。しかも、喉はなんともないらしい。
すごいよ!マサルさぁん!「うぉんちゅぅ!」(謎)

で、まぁ、一曲くらい歌わななぁーということで、芽衣に無理矢理、唄わせ、カラオケを終わる。

しかし、誰が飲んだのか、テーブルの上にはカクテルバーの空き瓶が山積み・・・
なぁ、シロン・・・・・。あ、ほら、まっすぐ、歩かなぁ!え?肩貸して?
・・・・・・・あぁあ、飲みに行く前に、できあがってるし^^;

しばらく、下のゲームセンターで酔いを覚ますシロン。
その時、また、神一の携帯が鳴る。エイジだ。
休憩の間、エイジと会話をする。
エイジ、まだ、君は、関西OFFは皆勤だからな!これはあくまで名古屋OFF。
おいらや、AKIRA、らむさんとともに皆勤目指そうぜ!

エイジからの電話が終わったと思いきや、今度は、たこやきから電話をもらう。
またまた、ゲームセンターの入り口(おいおい^^;)で電話を回す。
たこやきよ。いつも、電話での参加、ありがとー。
懲りずに、また、電話で参加してくれよ!

さて、時間は、5時になろうとしていた。
少し、酔いのさめた酔っ払い、役1名を、捕獲された宇宙人のように担ぎながら、 次のポイント、飲み屋を探し、 町中を歩く。 運の良いことに、駅付近で飲み屋を発見。そこで飲むことにする。

さぁて、これからが、本番。
そもそも、このOFFのきっかけは、チャットのなかで、今度飲もうね!というのがきっかけなのである。
まぁ、すでに、一人は、できあがってるけどね。

宴会のはじまり!
普段は飲まないおいらも、この日に限っては良く飲んだ。
みんなも、こんなに楽しい飲み会は久しぶりだと言いながら、楽しくお喋りをし、飲んで食べる。

        「なぁ、今の政治家どう思う?」
        「核実験ってやだよね・・・」
        「宇宙人っているのかな?」
        「若年層の犯罪が多発していやな世の中だよねぇ・・・」
        「しんじって、誰かに似てるよね?」
        「ポンタマシなら、神一のHPに行ってごらん!(宣伝)」
        「シロン、酔っ払ってる?っていうか、ナンパ師?」
        「男気ってなんだろね・・・・・・・・・・」
        「ネッシーていると思うんだよね」
        「でも、ミッチーならそこに・・・・・・・・」
        「8月のペンギンって何処にいったんだろうね?」
        「芽衣って▼(謎)?」

などという、会話かどうかは、もう、記憶にないがほんまに楽しく過ごせた3時間だった。

でも、AKIRAだけは違った。帰りの運転を任されているAKIRA、ほんとはお酒が好きなのに。
みんなの為に、一人我慢している。・・・・・ええやつやなぁ(;−;)
ありがと!おかげで、無事に家に帰れたよ!

そして、別れのときがやってきた・・・・・・。
みんなで、駅の近くで別れを惜しみ、話をする・・・・どのくらい話してたのだろう?

また、再会することを約束し、芽衣と長月はここで、落ち。
お疲れ様。また、いつか、逢おうね!

彼女たちを見送った、我々も、京都へ向けて、「ぎゃらくしぃ〜那古野」を出発させた。

ふと、車のサイドミラー越しに後ろを見ると、「ななちゃん人形」が見送ってくれてるかのように 写っていた。・・・・もう、雨はやみ、空には星が見えていた・・・・・・・・。


次の日、京都についた、一向は、朝早く解散する。
後日、シロンに聞いたのだが、ほとんど記憶がなかったらしい・・・・・・・・・・・・・・・・

おわり


OFF会情報
竜人館 トップページ
このページに関するご意見、ご感想は、
ぎをらむ、こと嬉野通弥(ureshino@i.bekkoame.ne.jp)まで。