うごうご文庫は問いかける

2005年3月5日

 前回に引き続き、今回も富士見ファンタジア文庫の装丁に関連したお話です。

 今回は本の写真を多数掲載しております。 版権元の承諾を得ておりませんので、版権元から削除するようにとのご連絡を頂いた場合、 速やかに削除いたします。
 そんなことなら最初から掲載するなと言われそうですが、 まずはご覧になられて、いろいろ考えるきっかけにして頂ければと思い掲載いたしました。

 さて、貴方は「うごうご文庫」というものをご存知でしょうか。 榊一郎さんのファンの方ならご存知かも知れません。 榊一郎さんの同人サークル「うごうご榊くん」から刊行された同人文庫レーベルです。

 同人というと「きゃー!おにいちゃんえっちー!」みたいなものを(どういうものだ) 即座に連想される方も多いかも知れませんが、ご安心下さい、 「うごうご文庫」はそういうベクトルでみれば、いたって健全な同人作品です。

 そういうベクトルでは、と申しましたが、では違う面ではどうかと言いますと、 これが私の乏しい語彙では非常に説明しにくいものでありまして・・・・
まぁ、なにはともあれ、まず「うごうご文庫」の中でも とりわけこのレーベルの特徴が出ている「英雄衍義」(えいゆうえんぎ)の表紙をご覧下さい。

英雄衍義

 念のため申し上げておきますと、左の1冊はうごうご文庫ではありません。 富士見ファンタジア文庫刊、榊一郎さん著/藤城陽さんイラストの「ストレイト・ジャケット」の第2巻です。 右の2冊がうごうご文庫で、やはり榊一郎さん著/藤城陽さんイラストの「英雄衍義」上下巻です。
 念のため、念のために敢えて申し上げておきますと、ファンタジア文庫の方が先にあり、 うごうご文庫の方があとからできたものです。

 実を申しますと、同人誌ではファンタジア文庫の装丁を真似た「偽物」は決して少なくありません。 貴方が大規模な同人誌即売会を練り歩けば、毎回のように見ることができるものであります。
 しかしながら、うごうご文庫の「英雄衍義」はただ単に真似たというレベルではありません。 カラー印刷のカバーの装丁と表紙のレイアウトから―――この写真だけでは分かりませんが――― 背表紙、裏表紙、口絵、中扉、奥付のフォーマットにいたるまでファンタジア文庫と見紛うばかりです。 しかも著者とイラストレーターは実際にファンタジア文庫で書かれているご本人なのであります。 かろうじてレーベル名とレーベルのマークなどが置き換わっていますが、 本屋にうごうご文庫が置いてあっても、ほとんどの人はファンタジア文庫だと思ってしまうでしょう。

 さらに私が驚いたと言うか、感心したのは、「英雄衍義」に付けられていた帯が、 ファンタジア文庫の帯を巧妙にパクったものであったことでした。

電撃の最新刊

 左は本物のファンタジア文庫です。 「英雄衍義」が刊行された当時のファンタジア文庫の新刊には、 よく「○○の最新刊」という帯が付けられていました。 そして「英雄衍義」の上巻にも、そっくりの帯が付けられていたのです。 しかもそれは「電撃の最新刊」と銘打たれていました。
 この場合、「電撃」というのはただの電撃をイメージさせるものではありません。 ファンタジア文庫の読者にとって「電撃」といえば、 それはすなわちファンタジア文庫の最大のライバルである「電撃文庫」を連想せざるを得ないものです。 ファンタジア文庫そっくりの装丁に「電撃の最新刊」。 ファンタジア文庫に対するこれほど強烈なブラックユーモアがあるでしょうか。

もう終わっている。

 下巻の帯も際どいところを攻めています。 当時ファンタジア文庫では創刊12周年フェアを開催していました。 キャッチフレーズは「もう始まっている。」でした。
 対する「英雄衍義」下巻の帯のコピーは「もう終わっている。」。
 良いんですか、これ本当に。

 榊一郎さんがどういう意図でこのコピーを載せたのかは分かりません。 深い意味はないのかも知れません。 しかし根がひねくれている私はどうしても、ファンタジア文庫を支える人気作家である榊一郎さんが、 ファンタジア文庫の現状に対して皮肉と言うか、疑問を投げ掛けているように勘ぐってしまうのです。

 ちなみにファンタジア文庫の創刊12周年フェアは、 帯の折りかえしの角を2冊分切り取って応募すると、テッサのフルメタルしおりが全員にプレゼントされました。 私もGETしました。当然ですよね?ね?(をぃ)
 対して「英雄衍義」も上下巻の帯の折りかえしの角を切り取って応募すると、 「英雄衍義」の豪華設定資料集が全員にプレゼントされました。
 ここまで凝って来るともうどちらが本物でどちらが偽物か良く分からなくなってきます。

 そして、これは強調しておきたいのですが、「英雄衍義」という物語の内容が、 おふざけなパロディではなく、あくまでハートフルな、典型的な榊一郎作品になっていることも重要であります。
 「英雄衍義」のあとがきによると、いろいろと事情あって、 榊一郎さんは執筆後に「英雄衍義」を商業作品として世に出すのは良くないと判断されたようです。 私もそれに同意するところはあるのですが、 けれども「英雄衍義」が素晴らしい作品であることも確かであると考えています。 というか、私はこの本を読んで感激して泣いてしまいました。 商業作品として刊行されていたら、私は「英雄衍義」を榊一郎さんの代表作の1つに挙げているところです。 それほどに良いお話なのであります。
 藤城陽さんのイラストにしても商業作品と比べて手を抜いているなどということは全く感じられません。

 そうなってくると、「これはパチモンなのか?偽物と呼んで良いものなのか?」という疑問が湧いてきます。 プロの作家とプロのイラストレーターが、本物そっくりの装丁で、本物に負けない内容の本を作ってしまう。 それはやがて「本物のファンタジア文庫って、一体なんなの?」という疑問につながってきてしまうのです。

 無論、一般の編集・印刷・製本・流通といったルートに乗らない分、 ファンタジ文庫に比べてうごうご文庫は相当お値段がはります。 しかも普通の本屋では入手できません。 同人誌であるがために、榊一郎さんのファンの方でさえこうした作品に触れられる機会がない、 あるいは作品の存在そのものをご存知ないという残念な現象が少なからずあります。
 榊一郎さん自身も、プロがこうした同人本を出すことは色々問題があることを 「英雄衍義」のあとがきで書かれています。

 しかし、けれども、そうした業界内の諸々の問題があるとは分かっていても、敢えて私は、 「英雄衍義」という究極にファンタジア文庫に近い偽物を作ったということ自体に、 榊一郎さんが何らかのメッセージを込めていたのではないかと思うのです。思ってしまうのです。(笑)
 富士見ファンタジア文庫の榊一郎さん著「君が居た昨日、僕の見る明日」第2巻のあとがきには、 こんな言葉が出てきます。

 何というか個人的に『偽物』という言葉にはちと惹かれるものがあります。
 割と否定的な意味に使われる事が多いですが、私はそこにむしろ惹かれるというか。 本物になれない偽物の悲哀とか。偽物が本質的に孕む矛盾とか。偽物である故の利点とか。
―――「君が居た昨日、僕の見る明日」2巻355〜356ページ(あとがき)より。

 これを読んで、私は3年前に同人誌即売会の行列に並んで入手した うごうご文庫と「英雄衍義」のことを思い出したのでした。

 まぁそれ以外にも「英雄衍義」のツインヒロインが「花梨」と「アグニエシカ」という名前で、 同じ名前のキャラが「イコノクラスト!」やら「キミボク」やらにも出てきていることとか、 「イコノクラスト!」の設定って「英雄衍義」と似てないか?と思ったこととかもあるのですけれど、 それ以前になんだか収集・・・ではなくて収拾が付かなくなって参りましたので、 今宵はここまでにいたしとうございまする。

 最後に。こんなコーナーを作ってしまいましたが、私はファンタジア文庫のファンであります。 応援しております。ドラゴンマガジンとファンタジアバトルロイヤルも毎号買っております。
 頑張って下さい、ファンタジア文庫。

 ではまた次回、お付き合いくださいませ。

「戯れ言」に戻る。

このページに関するご意見、ご感想は、
ぎをらむ、こと嬉野通弥(ureshino@i.bekkoame.ne.jp)まで。