砂糖菓子(ライトノベル)を生き抜いて

2006年9月9日

 お久しぶりです。このコーナーにとって約1年ぶりの更新になります。
 しかし以前にも更新が1年以上空いたこともありましたし、これくらいが私にとってちょうど良いペースではないでしょうか。 (←いいのでしょうか、こんなことで。) 

 さて、去る2005年8月に富士見ミステリー文庫の絶版調査をしましたところ、 思いのほか好評を頂きました。 そこで「うん、これは1年後もやろう!」と心に決めていたのですが、運悪く(日頃の行いが悪いとも言う)7月末にPCを壊してしまいました。 定期更新はなんとか途絶えずに続けることができたのですが、このコーナーのような企画ものには手が回らない状態になってしまい、 予定より1ヶ月遅れてしまいました。済みません。

 というわけで1ヶ月遅れての、2006年8月現在の富士見ミステリー文庫の絶版調査とその結果をご覧ください。

 調査方法は去年と同じです。2006年8月分までの既刊265点について、富士見書房の公式サイトで購入可か、品切・重版未定か、 あるいは公式サイトに載っていないかを調べ

 「購入可」:公式サイトで購入できるもの。
 「品切・重版未定」:公式サイトで品切・重版未定となっているもの。
 「絶版」:刊行された情報はあるが、公式サイトの既刊リストにないもの。

と分類しました。

 これを月別に集計にしたものが次のグラフです。比較しやすいように去年(2005年8月現在)のグラフと並べてみました。 上が2005年8月現在、下が2006年8月現在。 (スペースの都合上、月(横軸)の目盛りは2ヶ月ごとになっていますが、グラフそのものは毎月のデータを表示しています。)


富士見ミステリー文庫の購入可/絶版状態(2005年8月現在)
 

富士見ミステリー文庫の購入可/絶版状態(2006年8月現在)

 この1年間で新刊は49点ありました。このペースは2003年末のリニューアル以後ほとんど変化していません。 また毎年、年末年始に刊行点数が一時的に増えています。この現象はリニューアル前、創刊時から続いています。

 赤の「絶版」は驚くべきことに去年と変わっていません。すなわち富士見ミステリー文庫ではこの1年間に新たな絶版はありませんでした。
 一方、黄色の「品切・重版未定」はじわじわと広がっています。去年はリニューアル後はすべて緑の「購入可」だったのですが、 今年はリニューアル後の領域にも「品切・重版未定」が出ています。

 全体的に見てみると、去年は「購入可」と「絶版」にはさまれて「品切・重版未定」が狭かったのですが、 今年は「品切・重版未定」が広がって3つがバランスよくなったような感じがします。  去年の時点では「品切・重版未定」→「絶版」の移行が急激に見えていたのに、 その後1年間「絶版」が1点も出なかったため、 今年は「品切・重版未定」→「絶版」の移行が緩やかになったように見えるということでしょう。

 新たな絶版が出ていないのはレーベルのリニューアルと関係があるかも知れません。
 あくまで想像ですが、リニューアル時に在庫がはける見込みのない作品をバッサリ絶版にしていたのではないでしょうか。 レーベルをリニューアルしたということは出版社内で「利益を出すために現状を変えろ!」という方針があったということでして、 であればまずリストラ対象となりそうなのは売れる見込みのない作品の在庫であります。
 一方、リニューアル時に大幅な絶版をした反動で、リニューアル後は急いで絶版を出す必要がなくなっている、 とは考えられないでしょうか。

 次に刊行から何年経っているかで区切って、「品切・重版未定」「絶版」になっている割合を見てみましょう。 これも去年の調査と比較しやすいように並べてみました。

2005年8月現在
刊行から 4年以上 3年以上
4年未満
2年以上
3年未満
1年以上
2年未満
1年未満 トータル
刊行点数 34
(100%)
42
(100%)
45
(100%)
46
(100%)
49
(100%)
216
(100%)
購入可 8
(23%)
15
(35%)
32
(71%)
46
(100%)
49
(100%)
150
(70%)
品切・
重版未定
2
(6%)
7
(17%)
9
(20%)
0
(0%)
0
(0%)
18
(8%)
絶版 24
(71%)
20
(48%)
4
(9%)
0
(0%)
0
(0%)
48
(22%)
2006年8月現在
刊行から 5年以上 4年以上
5年未満
3年以上
4年未満
2年以上
3年未満
1年以上
2年未満
1年未満 トータル
刊行点数 34
(100%)
42
(100%)
45
(100%)
46
(100%)
49
(100%)
49
(100%)
265
(100%)
購入可 6
(18%)
9
(21%)
23
(51%)
31
(67%)
48
(98%)
49
(100%)
166
(63%)
品切・
重版未定
4
(12%)
13
(31%)
18
(40%)
15
(33%)
1
(2%)
0
(0%)
51
(19%)
絶版 24
(71%)
20
(48%)
4
(9%)
0
(0%)
0
(0%)
0
(0%)
48
(18%)

「絶版」は増えなかったものの「品切・重版未定」が大幅に増えたことによりトータルでの「購入可」の割合は去年の70%から63%に落ちました。 これはレーベルが続く限り今後も落ち続けていくでしょう。
「購入可」→「品切・重版未定」の移行が現れはじめるのは去年も今年もおよそ刊行から2年後で、リニューアルとは関係がないようです。 そして4年以上5年未満までに「購入可」が20〜25%まで急速に淘汰されて一段落し、その後は徐々に減っていくことになりそうです。

 淘汰に生き残り、5年以上前に開始されたシリーズで今なお全巻「購入可」なのは、 南房秀久さんの「ハード・デイズ・ナイツ」、あざの耕平さんの「Dクラッカーズ」、新井輝さんの「DEAR」くらいしかありません。 どうやら人気シリーズ以外で富士見ミステリー文庫の新品を入手したければ、刊行から4年の間に確保しておいたほうが良さそうです。
 また3〜5年前に開始されたシリーズでは 太田忠司さんの「レンテン・ローズ」、師走トオルさんの「タクティカル・ジャッジメント」などが全巻「購入可」で粘りを見せています。

 富士見ミステリー文庫のデータを集めたところで、ライトノベル全般の傾向がつかめる訳ではありませんが、 こうしたグラフや表を作成してみて思ったこと、考えたことを幾つか書きます。

[シリーズものについて]
 ライトノベルはシリーズものが多いですが、これは人気作の続編は売れるから、儲かるからであります。 よって売れれば売れるほどシリーズが長くなる傾向があります。 作家さんが「この話はもう完結しているんです。もう書けません!」と泣いて訴えても、編集さんは売り上げを出さなければなりませんから 「それでも続きを書くんです!」とゴリ押ししているような気がいたします。気がするだけです。あくまで想像です。 「打ち切られる人が多い中、続きを書かせて頂けるだけでも私は幸せです」という健気な作家さんもきっといらっしゃるはずです。
 すると刊行から時間が経っても売れている「購入可」の作品は、必然的に長いシリーズが多くなっていきそうです。
 また長いシリーズと言っても、新規に読み始める人は最初から買うはずです。 となるとシリーズが続いている限り、出版社側もなるべくシリーズ全体を「購入可」のままにするでしょう。

[刊行点数について]
 富士見ミステリー文庫は刊行点数が比較的少ないレーベルですが、最近のライトノベル業界は、 新規参入でレーベルが増えたこと、既存レーベルも刊行点数を増やしたところがあることから、刊行点数が異様に増えています。
 刊行点数が増えることは、作家側の発表のチャンスが増え、読者側の選択肢も増えるという点では歓迎すべきことです。 しかし一方で、売れずに絶版になる点数も確実に増えるでしょう。 また、刊行点数の増加に比例して市場も大きくなれば良いのですが、多分そうはなりません。 1点当りの平均売り上げ部数は減少し、採算ラインに届かずに絶版になる割合=絶版率が高まる可能性が高いです。 (印刷・流通の革新で採算ラインが下がるとしても。)
 そこで即「ライトノベルだって文化的価値があるのだから後世に残す努力をすべきだ!」なんて申しません。 ライトノベルは娯楽産業です。商業主義大いに結構であります。 しかし次から次へと刊行しては大量の絶版を出すことが果たして娯楽産業として長期的に好ましい状態であるのか? 目先の利益に走って市場を食いつぶしていないか?を読者側は常に問い続けるべきでしょう。 問うた結果好ましくない状態であったとして、それをどうにかできるものかどうかも、また問題ですが。

[「購入可」の点数について]
 各レーベルの刊行点数は、そのレーベルの戦略や意気込みを見る目安になります。 が、そのレーベルの実力、つまり売れ行きや他のレーベルへの影響力を測る目安になるかどうかは一概には言えません。 (そうは言うものの、現在刊行点数の多いコバルト文庫や電撃文庫が少女向け、少年向けライトノベルの主流であることも確かですが。)
 しかし、レーベルの実力が「読まれ続ける名作」を出すことだとするならば、 レーベルの実力を、刊行から数年後でも「購入可」として生き残っている点数(もしくはシリーズ数)で測ることはできないか? と思い始めています。無論それは、作品の内容というよりは、レーベルとしての売り方の上手さなども含んだ「実力」であります。

 それでは今回はここまでにいたしとうございまする。また次回も、お付き合い頂ければ幸いです。 次回があれば良いのですが(汗)。あるよ……ね?(自分で聞いてどうする。)

「戯れ言」に戻る。

このページに関するご意見、ご感想は、
ぎをらむ、こと嬉野通弥(ureshino@i.bekkoame.ne.jp)まで。