ラ・グルヌイエール


左:クロード・モネ画「La Grenouillere(ラ・グルヌイエール)」1869年
右:ピエール・オーギュスト・ルノワール画「La Grenouillere(ラ・グルヌイエール)」1869年

セーヌ河畔のラ・グルヌイエールでモネとルノワールが競作した絵と言うと、 小島を中央に描いた下のものが有名です。
印象主義のいわゆる「色彩分割」が確立されていく過程や、 モネとルノワールの手法の違いがよく分かる例としても知られています。

モネとルノワールは他にも沢山の「ラ・グルヌイエール」を描いています。 その中には上のように、やはり競作したのではないかと思われるものがあります。


左:クロード・モネ画「La Grenouillere(ラ・グルヌイエール)」1869年
右:ピエール・オーギュスト・ルノワール画「La Grenouillere(ラ・グルヌイエール)」1869年

「ウィンスロウ美術館」に戻る。

このページに関するご意見、ご感想は、
ぎをらむ、こと嬉野通弥(ureshino@i.bekkoame.ne.jp)まで。